一般的なご質問


3Doodlerの読み方と名前の意味は?

読み方は「スリードゥードゥラー」と読みます。 意味は3Doodler = 3D(立体) + doodle(落書き) + player(遊ぶ人) の造語となります。
その名の通り、「立体の落書きをする人、楽しむ人」へ向けたペンです。


3Doodler Create


プラスチックフィラメントの種類と違いは?

ABSとPLAの2種類がございます。
ABS樹脂は粘りや硬さがあり、強度のある成形物をつくることができます。
PLAは植物由来(トウモロコシ)の成分で出来ており、固まるまでがABSに比べややゆっくりとなります。
3Doodlerの使用感としましては、固まる速度が速く、上から下へ空間に伸ばすような制作が可能ですが、 紙やプラスチック同士の接着が少し弱い為、若干の慣れが必要になります。
PLAは逆に接着しやすい為、紙等に印刷したテンプレートをなぞる様な制作がしやすく、比較的、初心者向きの樹脂となります。


プラスチックフィラメント1本でどの程度のものが作れますか?

制作するものや制作方法にもよりますが、目安としては、手の平サイズのものであれば1~2本で制作できます。

▲参考作品(PLAプラスチックフィラメント約1本)


子供でも扱えますか?

プラスチックを溶かし出すという性質上、ペン先温度は約190~230度と高温になりますので、小さなお子様お一人での使用はご遠慮いただいております。


どこで購入ができますか?

現在、公式ストアやナカバヤシ運営のフエルモール等のオンラインストアにてお買い求めいただけます


3Doodlerを体験できる場所(販売店)はありますか?

恐れながら弊社からはご紹介は難しくなっております。イベントや体験会に関しましては、公式フェイブック等をご確認ください。


商品サポートはありますか?

弊社より販売している3Doodlerについて国内サポートを実施致しております。商品に関するお問合せや、万が一の故障の対応などご対応致します。
商品保証について、詳しくはこちらをご確認ください。
※Kickstarter投資分、または並行輸入品など海外仕様品については、サポート・修理の対象外となります。予めご了承ください。


海外でも使用できますか?

海外ではACアダプタのプラグの形状等が異なる場合がございます為、事前にご確認ください。
また、弊社の保証・サポートなどの対応は、日本国外では適用外となりますので予めご了承ください。




使用上のご質問


使用を止める時はプラスチックフィラメントは入ったままでも良いですか?

使用を止める際は必ず、本体からプラスチックフィラメントを抜いてください。
入れたままにするとペン先の熱でプラスチックが溶けて、次の使用時に問題が発生する可能性があります。


ペン先でプラスチックが丸まって、うまく線が引けません。

使用する際は、紙の上などに一旦、ダマを作り、そこから線を延ばしていくことで、線を引く事ができます。


紙にうまく付かないのですが

紙等の上で描く場合は、ペン先と紙とに間隔を開けず、若干押し付ける様に線を引くと、付きやすくなります。
但し、ご使用のプラスチックフィラメントがABSの場合、紙等に付きにくい性質がありますので、最初はPLAでお試しください。


途中まで使用したプラスチックフィラメントは抜いた後、再度使えますか?

ご使用いただけます。但し、使用する際は、先の溶けた部分等の尖った箇所を切って、断面を平らにしてからご使用ください。


溶け出たプラスチックを再度利用することはできますか?

溶け出たプラスチックについては、再利用することはできません。


どの程度、連続使用できますか?

使用環境にもよりますが、約2時間の使用で30分を目安に休ませるようにしてください。


一度、止めた後、再度押出をしようとすると出てくるのに少し時間が掛かります。

溶けすぎを防ぐ為、動作を止めるとプラスチックフィラメントをリバースする仕組みとなっており、 再使用時には若干のタイムラグが発生致します。




メンテナンス・トラブルシューティングについて


プラスチックフィラメントがでてきません。

プラスチックフィラメントはギアに噛んだ後、ゆっくりと中に入っていきます。
約30~40秒程でペン先から出てきますので、押出し状態のまま、しばらくでお待ちください。

プラスチックフィラメントが中の送り出しギアまで挿し込まれていない可能性がありますので、奥まで挿し込んでください。
また、挿し込んでも入っていかない場合は、いずれかのボタンで押し出しを行いながら、プラスチックフィラメントをゆっくり時計回りに回しながら挿し込んでください。

※以下の動画もご参照ください。

▼プラスチックフィラメントが入っていかない場合のご説明動画

また、基本動作についても一度以下の動画をご確認ください。


プラスチックフィラメントの押し出しが途中で止まります。

プラスチックフィラメントが残り短くなっている可能性があります。
上から新しいプラスチックフィラメントを入れてください。その際、もしすぐに出ない様なら右時計回りに押し出しをお試しください。
または、プラスチックフィラメントが内部で溶けすぎる等してしまい、詰まっている可能性があります。 一度、プラスチックを抜き溶けている部分を切って、再度使用をお試しください。


逆流させてもプラスチックフィラメントが出てきません。

・押出しボタンが正しく同時押しされているかをご確認ください。
(※ペンのLEDが点滅していたら問題無く逆流しています。)
・ギアの動きがゆっくりな為、プラスチックフィラメントの逆流にも時間が掛かる場合があります。
・それでも抜けない場合はプラスチックフィラメントが短くなっているなっている可能性があります。
そのまま使用いただくか、抜きたい場合は、メンテナンスカバーを外して取り出してください。


3Doodler start


プラスチックフィラメントの種類は?

3Doodler start専用のプラスチックとなります。
エコプラスチックを採用しており、誤って口に入れてしまっても害はありません。
低い温度で溶けるようになっており、溶け出たすぐ後は粘土の様な質感で、ゆっくりと硬化していきます。
基本的には、紙など平面に描いた物を立体に組み立てる作成方法が向いています。
※3Doodler Createのプラスチックを使用することはできません。


プラスチックフィラメント1本でどの程度のものが作れますか?

制作するものや制作方法にもよりますが、目安としては、手の平サイズのものであれば1~2本で制作できます。


対象年齢はありますか?

8歳以上のお子様が対象となります。


3Doodlerを体験できる場所(販売店)はありますか?

恐れながら弊社からはご紹介は難しくなっております。イベントや体験会に関しましては、公式フェイスブック等をご確認ください。


商品サポートはありますか?

弊社より販売している3Doodlerについて国内サポートを実施致しております。商品に関するお問合せや、万が一の故障の対応などご対応致します。
商品保証について、詳しくはこちらをご確認ください。
※Kickstarter投資分、または並行輸入品など海外仕様品については、サポート・修理の対象外となります。予めご了承ください。


海外でも使用できますか?

マイクロUSBポートによる充電の為、海外でもご使用いただくことは可能です。
但し、海外の場合ですと、弊社サポートの対象外となりますのでご注意ください。




使用上のご質問


使用を止める時はプラスチックフィラメントは入ったままでも良いですか?

必ずしも抜く必要はありませんが、可能であれば抜き取ることをお勧め致します。


途中まで使用したプラスチックフィラメントは抜いた後、再度使えますか?

ご使用いただけます。但し、使用する際は、先の溶けた部分等の尖った箇所を切って、断面を平らにしてからご使用ください。


溶け出たプラスチックを再度利用することはできますか?

溶け出たプラスチックについては、再利用することはできません。


連続使用時間と充電時間はどれくらいですか?

充電時間約2時間で、使用時間は約1時間程となります。


リバースの方法が分かりません。

ボタンを2度押しするとリバース状態となり、ペン内部にあるプラスチックを抜くことができます。
但し、プラスチックが短くなるとリバースで抜く事ができなくなる為、その場合はプラスチック使い切る形となります。




メンテナンス・トラブルシューティングについて


プラスチックが曲がって出る、少し出にくくなりました。

ペン先にプラスチックが付着し過ぎると、プラスチックの押し出しを阻害し、出にくくなる可能性があります。
ペン先にプラスチックが付着してきたら、取り除いていただきます様お願い致します。
充電状態をお確かめください。充電の残りが僅かとなりますと、押し出す力が弱くなります。
ペンのLEDがオレンジ色に点滅していたら、残りわずかの状態となります。


プラスチックフィラメントが出なくなりました。

何らかの原因でプラスチックがペン先部で詰まった可能性があります。
動作をさせた際、モーター音は聞こえるが、プラスチックが前進していない場合は、次の処置を取ることができます。

■プラスチックがまだペンから取り出せる場合
1、ボタンをダブルクリックしてプラスチックを抜出し、先端の溶けた部分を切り取ります。
2、一度クリックしてペンをもう一度起動してから、プラスチックをゆっくりとペンに押し込みます。

■プラスチックが短くなりペンから取り出せない場合
1、ダブルクリックをして自動で動作が止まるまで逆回転させます。
2、新しいプラスチックを挿入し、一度クリックしてペンを再び動作させながら、新しいプラスチックでゆっくりと押し出します。

■上記の方法でも改善しない場合
1、ペンを動作させながら、新しいプラスチック以外の棒状の物で、後ろから強く押出しをお試しください。
2、少しでもペン先からプラスチックが出てくる場合は、そのまま、強く押さなくとも出る様になるまで押し出します。
3、一旦、その状態で、新しいプラスチックを入れて動作させ、色が切り替わるまで使用をお試しください。 4、上記状態で、少し出が悪いと感じられた場合は、【プラスチックがペンから取り出せる場合】のフローにそって動作をお試しください。


逆流させてもプラスチックフィラメントが出てきません。

プラスチックフィラメントが短くなっていると思われます。
そのまま使用いただく様お願い致します。


共通




その他


前のバージョンの3Doodlerはありますか?

前バージョンの3Doodlerは、廃番となっており既に弊社では取り扱いがございません。
製品サポートにつきましては引き続き、保証書の通り承ります。


3Doodlerを使ってイベントをしたいのですが

ワークショップ・イベントに関するお問い合わせはこちらをご覧ください。