2015年8月に大阪で開催された文具紙製品の見本市「文紙メッセ2015」に出展しました。
そこで、3Doodlerの広報戦略として、当社と専門学校HAL大阪【グラフィックデザイン学科】学生との
商品紹介WEB開発のコラボレーションを産学連携プロジェクトとして実現しました。
テーマは「3Doodler2.0の魅力が伝わるWEBサイト」。学生による創意工夫が始まりました。


CONCEPT

理想を創る魔法のペン

学生が実際に3Doodler2.0を使用する中で、様々なキーワードを抽出。
そこで出されたコンセプトは「理想を創る魔法のペン」。
直感的に立体を描ける3Doodlerらしいコンセプトです。
そして、その「理想」のモチーフとして選ばれたのが、なんと「街づくり」でした。


PRODUCTION

「街」をつくる。

コンセプトとモチーフが決定し、その次に3Doodlerで「街」を形にする作業が始まります。
街の中の建物や乗り物も全て学生によって設計され、一つ一つが立体に起こされます。
限られた時間の中での大変な作業だったようですが、素晴らしい「街」が完成しました。


CODING

サイトをカタチに。

机上での「街」が完成すると、いよいよデジタル化です。
平面の街が立体になっていくことを表現する為に横スクロールを採用。
さらに、街の中を進むごとに徐々に平面から立体へ切替わるというとても難しそうなアイデアでしたが、
時間の許す限り、ぎりぎりまで調整してもらいました。


COMPLEAT

完成!

企画、デザイン、開発の全てを学生が担当し、みごとな素晴らしいWebサイトが完成しました。
サイトメッセージは「Let's create your city!」
実際に3Doodlerを使って作り上げられた街並みが、ページのスクロールに合わせ平面から立体へと移り変わる様子は、
「文紙メッセ2015」の会場でもたくさんのお客様から驚きと称賛の声が挙がりました。

ぜひ、皆さんもご覧ください!

制作:HAL大阪【グラフィックデザイン学科】 小林さん、出口さん、佐藤さん
おつかれさまでした。



(※閲覧環境によっては一部ページにおいて正しく表示されない場合がございます。予めご了承ください。)

Collaboration pageへ